2018用しめ飾り:part1

暑い季節に何やってんじゃw って感じですが。
以前のモノづくりサイトに上げもれしていたものをこの機会に第一弾!・・・(*´ω’*)ポッ
これを飾っていた時のことを思い出して涼んでくださいませ・・・(;´Д`)

2018年を気持ちよく、楽しくお迎えするために作成したしめ飾りのコレクション。

もともと、締め飾りを作るときは、宗教色は意識していません。
ただ、形やたたずまいが何となく好きな迎春用飾り と思えば
日本独自の装飾が好きなのです。
年越しのために、家族が集合する会場(違w、実家ですねんw)に向かうとき
よそ様の締め飾りを何の気なしに見てしまうのですが、ないと寂しくなります。
かといって、おかめばかりも同じ過ぎて面白くないんですが、わがままですかねw

これは、縦長タイプです。(その1部ですがw)


美容室さんに押し売り(違w)したもの
なかなか大きいですw
とにかく華やかで、人目を引くものにしました。

真ん中
相方実家に押し売り(違w)したもの
テーマは 実りと、素敵なことが起きますように( ̄人 ̄)
素敵な出来事を、和紙で、扇で、縦長に並べて表現しています。
締め飾りの定番、紙垂に形を似せ、紙垂の意味をも兼ねてもらおうというもの。
鶴は以前から作っていたんですが、亀は初挑戦しました。

 
大好きなゲーム仲間に強引に送りつけたものwww
一人暮らしの方だから、きっとお正月は家族で集まって自分のお部屋ではないところで過ごすのかな~と予想しつつも
年越しから帰ってきて、自分のお部屋の前に来た時に見るのは楽しいかな? と
作りながらニコニコしていましたw
甥っ子さんがいる人で、私が甥っ子さんぐらいの年齢の時、大好きだったのが繭玉です。
それを水引で作って垂らしています。
見る機会があれば、喜んでくれるかな~と思ったりw
送り先が友人だったことから 結構好き勝手に作っています。
この作成中にマイブームだったのは

羽根突きの羽根(水引)

 

 

 

 

 


わんこたち(羊毛フェルト)

羊毛フェルトは、2017年からちょっとだけやっていたのですが、練習不足(;´Д`)・・・
元々は「まんまるい鳥」とかデフォルメされた鳥や何かを作ってました。
リアル系の・・・ぬいぐるみ系のいきものは初めてで、苦労しまくりました。

このうちの一番ちびっこが、ゲーム仲間のところに行きました。
繭玉代わりにぶら下がってますw

他に、絶対外せない飾りは、「稲穂」 ド━(゚Д゚)━ン!!
それも、絶対天然ものじゃなきゃ嫌です ド━(゚Д゚)━ン!!

リースも締め飾りもそうですが、
基本的には、玄関を見させていただいて、周囲とのバランスやご希望を聞き
設置にもお付き合いして微調整します。
故に、持参可能なご近所にしか作らないのです。

が、大きすぎないものなら可能なのかな…とも思っています。

ゲーム仲間には、宅急便で送りましたからね~www
何とか壊れていなくてよかったです(○´・∀`)=зホッ
梱包も褒めていただけました (* ^ω^)ゞテレテレ
ただ、仕方がないことなのですが、送料、上がっちゃいましたよね~
販売となると送料ご負担していただかなきゃならないから、
もしくは送料も加味した販売価格になるから どうなのかしらとも思います。
(-ω-;)ウーン・・・

まぁ、後で考えよう←ヲイw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください