9月6日の地震後のご報告

2018年9月6日03:08頃(03:07:59:03) 震度7の北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)が発生。
私は、札幌東区に住んでいますので影響を受け、震度6弱という、滅多に経験しない(したくない)地震を体験しました。

地震に際しまして、インターネットを通じ暖かい言葉、的確な情報をくださった方
物資を送ってくださった方
心からお礼申し上げます。
地震の爪跡が色濃く出てしまった震源地その他の皆さまもまだ多数いらっしゃいます。
どうか、心が折れないように日々を生きていけますように。
支援のために動いていらっしゃる方々、寄付を下さっている方々 心を砕いてくださった方々、本当にありがとうございます。

その地震から1週間と1日開けて本日から、こちらは通常営業しています。
会計処理のお仕事も、モノづくりのお仕事もやっています<(_ _)>

本当はもっと早い復活だったのですが・・・ おなかを壊しました(”^ω^)・・・
理由は後述いたします<(_ _)>

この度の地震の話は、もう散々、TVやインターネットで拡散されていますので、割愛しましてw
と文章に「w」を付けられるほどに、私自身は「グラス1個」の被害だけで済みました。
せいぜい、安定性が悪いところにあった雑誌が崩れたりしたものの、本棚内も無事、
ただひたすら、ゆっさゆっさ揺られただけで済んだ と言っても過言ではない状態・・・

ガスも水道も無事。
停電してしまいましたが…Ω\ζ°)チーン

その停電も、後で確認したところ、私の住んでいる場所は早めの6日16:00には回復していたようです。
(その日に回復するとは思えず、ブレーカー落として早々と寝てしまいまして、気が付きませんでした…(;´Д`A “`)
ただ、徒歩5分の実家は8日3時くらい
もちっと遠い相棒実家は8日21時くらい と、差があり、こんな風に電気は伝わっているのね と思いました。

我が家においては、たとえ半日であっても、停電してしまったために冷凍庫内の備蓄品たちが悲惨な状況に・・・(-“-;A …アセアセ
具体的にいうと、肉、魚、イクラ(ビンテージものw)、たらこ、明太子・・・orz
それらに火を通し、何とか無駄にしないように食せねばなりません。
そんなわけで、食べ過ぎたようです・・・(´・ω・`)
突然、胃なのか肺なのか が痛くなり、体を起こしていられなくなり
「もしや、心理的に地震のストレスで過呼吸とかかか???」
と思いましたが・・・ 食べ過ぎだったようです・・・(´・ω・`)

こんな風になるなら、人に差し上げたいくらいですが、皆同じ状況。
どこかに送るといっても、一度解凍しかかったものを差し上げることなんぞできません・・・
(物流復活しましたから、送ることはできますけどね、ダメすぎますですもんねぇ・・・)
数回のBBQで解決するはずもなく・・・
(ネットでは、BBQ不謹慎だと言われていたようで・・・(-“-;A …アセアセ)

もともと、持病の投薬治療でおデブ風味になり・・・
おデブ風味であっても食は細かったので、辛いです・・・(*ノω`゚)。シクシク

こういう悩みが主になる日常生活のありがたみを噛みしめつつ・・・
胃薬が欠かせない私であります・・・(;´Д`)

これ、ちっとお高いけどマジいいお薬
(。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください